翁長雄志知事は30日、自民党青年局長を更迭された木原稔衆院議員が沖縄全戦没者追悼式で安倍晋三首相に怒号を浴びせた参列者を「明らかに動員」と発言したことに対し、「県は主催者として厳かな中で円滑に運営する立場で、動員することは絶対にあり得ない。発言があったとすれば、大変遺憾だ」と述べ、不快感を示した。県議会棟で記者団に答えた。

 政府が名護市辺野古の新基地建設に伴う海底ボーリング調査の期限を9月末まで延長したことには「辺野古が唯一の解決策とかたくなな固定観念に縛られず、私たちと話し合いを継続していただきたい」と述べ、作業の中止を求めた。

 米軍キャンプ・シュワブ内で碇石(いかりいし)とみられる石の発見されたことに伴う市教育委員会の現地調査には「米軍や沖縄防衛局は積極的な協力をしてほしい」と述べた。