第59回沖縄タイムス賞の贈呈式と祝賀会が1日、那覇市おもろまちのザ・ナハテラスであった。文化賞を受けた吉川安一氏(名桜大名誉教授)ら各分野で功績のあった4個人・1団体に正賞、1個人に感謝状がそれぞれ贈られた。

沖縄タイムス賞を受賞した(前列左から)吉川安一氏、中山きく氏、南條喜久子氏、(後列左から)黒島宣昭氏、羽地靖隆氏、全国珠算教育連盟県支部長の宮城忍人氏=1日午後7時すぎ、那覇市のザ・ナハテラス

 沖縄タイムス社の豊平良孝社長は「長年のご尽力とご功績に対し顕彰できることは主催者としてこの上ない喜び」とあいさつ。受賞者を代表して吉川氏は、地域や友人らの激励に感謝した上で「これまでの人生は努力の連続だったのかなと思う。今後も受賞者の皆さんと精進を続けていきたい」と決意を語った。

 その他の受賞者、受賞団体は次の通り。

 【正賞】文化賞=南條喜久子氏(南條バレエ研究所主宰)▽体育賞=黒島宣昭氏(興南高ハンドボール部監督)▽社会活動賞=中山きく氏(白梅同窓会長)、全国珠算教育連盟県支部(宮城忍人支部長)

 【感謝状】羽地靖隆氏(尼崎市立尼崎高校音楽教諭)