沖縄防衛局は名護市辺野古沿岸の埋め立て区域の外周に沿った護岸の新設など6件の工事、計584億2千万円(追加分を含む)で、すでに業者と契約を済ませている。9月末までに履行期限を延長した海底ボーリング調査を終えた後、工事に着手する構えだ。