沖縄県内の路線価は、標準宅地の対前年変動率の平均が1992年以来23年ぶりにプラスとなった。6税務署管内の最高価格は宮古島を除いて上昇と横ばい、沖縄都市モノレールでは下落もなく、不動産取引の活発さや需要の高さが広く表れた。