【名護】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では2日午前も、新基地建設に反対する市民らの抗議行動が続いた。同ゲート前で6月30日、市民ら2人が逮捕されたことに対し「不当逮捕やめろ」などと批判した。午前10時半現在、約100人が集会に参加している。

工事車両の搬入などを阻止しようと横になる市民らを排除する県警機動隊員=2日午前7時ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前

 一方、辺野古沖では、午前9時前からスパット台船3基で作業する様子が確認されたが、3基の掘削棒は同11時前までに海中から抜かれた。市民らは高波のためカヌーを出さず、抗議船1隻で作業状況を約1時間確認した。