県議会与党は2日午前、6月定例会の本会議冒頭で作家の百田尚樹氏や自民党若手国会議員の報道圧力などが指摘される発言の撤回と謝罪を、安倍晋三自民党総裁(首相)に求める抗議決議案を提案した。一方、野党の自民は対案として、百田氏らの発言を不穏当として反省と全国会議員に対し発言に留意を求める衆参両院議長あての決議案を提案した。

 両案ともに議会日程に追加され、審議に入った。午後の本会議で両案に対する質疑、賛成・反対討論を経て採決される。