第39回全国高等学校総合文化祭滋賀大会と、第15回全国中学校総合文化祭東京大会に出場する中高生約200人の激励壮行会が2日、県庁講堂で開かれた。生徒らは各部門ごとに「滋賀県で沖縄旋風を巻き起こせるように頑張りたい」「沖縄らしいパワーあふれる演奏や演技をしたい」などと意気込みを語った。

全国高文祭滋賀大会に向け気勢を上げる生徒たち=2日午後、県庁講堂

 全国高文祭は28日から8月1日の5日間、滋賀県で開催される。県内から32校294人が合唱、郷土芸能、マーチングバンド、茶道など16部門に出場する。壮行会では、昨年の九州合唱コンクールで金賞に輝いた小禄高校が、沖縄民謡などを歌った。南風原高校の郷土芸能や那覇国際、開邦高校のビデオ作品も披露された。

 第15回全国中文祭は8月20、21の両日、東京で開催される。県内22校66人が4部門に出場する。