自民党若手国会議員の勉強会で、県内2紙への批判を含む報道機関への圧力発言や、米軍普天間飛行場の成り立ちに関する事実誤認発言が出てから約1週間。事態は、一向に収まる気配がない。

 党執行部は勉強会代表の木原稔青年局長を更迭するなど関係議員を一斉処分し、早期の幕引きを図った。しかし、厳重処分を受け、自身のホームページに「心より反省する」とのコメントを出した大西英男衆院議員が、再び報道への威圧発言に及んだ。

 大西氏は、国会内で記者団に「(マスコミを)懲らしめようという気はある」と述べ、「誤った報道をするマスコミに対して広告は自粛すべきだと個人的に思う」と主張した。

 「懲らしめる」とは、悪さをした人に制裁を加えて二度としないという気持ちにさせる意味だ。気にくわない報道機関に制裁を加えて言論を封じ込めようとする考えを、政権与党の国会議員が悪びれもせず言ってのける。その傲慢(ごうまん)さに怒り、あきれ、ぞっとする。

 言論の自由は憲法で保障され、国会議員には憲法を尊重し擁護する義務があることも定められている。権力と報道機関との対立構図は古くからあるが、報道の本質は権力批判にある。その基本的理解が、自民党の一部議員に欠落している、と指摘せざるを得ない。

 党執行部は再度、大西議員を厳重注意処分とした。だが、今後も「暴言」を止められないようであれば、自民党自体がその考えを是認しているとみられてもしょうがないのではないか。

    ■    ■

 一連の問題に対し、総裁である安倍晋三首相はどう考えているのか、いまひとつ分からない。

 衆院の特別委員会では「事実なら大変遺憾だ」と述べるにとどまり、明確な謝罪はなかった。一方で、公明党の山口那津男代表には「迷惑を掛け、大変申し訳ない」と陳謝した。謝る相手が違うのではないか。

 問題の発言があった勉強会は、安倍首相に近い若手議員の集まりである。講師を務めた作家の百田尚樹氏も、総裁選で安倍首相を支援するなど首相と気脈の通じた間柄だ。

 同時期には、党内のリベラル系若手議員でつくる勉強会も会合を予定していたが、党幹部の自粛要請で中止になった。安全保障関連法案に批判的な講師を招く予定だったため、審議への影響に懸念が出たという。

 党内ですら、首相に近い立場でなければ言論の自由が保障されない。危機的な状況である。

    ■    ■

 県議会は2日、勉強会での発言に対する抗議決議を、賛成多数で可決した。宛先は総裁・安倍首相である。

 抗議決議は、百田氏発言とこれに呼応した自民党議員らの発言に対し、「報道機関だけでなく、読者である沖縄県民をも侮辱するもので到底、看過できない」と厳しく批判し県民への謝罪を求めた。

 首相には決議を重く受け止めてもらいたい。同時に、一連の問題をどう考えているのか本心を聞きたい。