百田尚樹氏を招いた自民党の若手勉強会から1週間。沖縄タイムス、琉球新報の編集局長が異例の共同会見に臨んだ背景には、権力による言論弾圧への強い危機感を全国の報道機関が共有したことがある。 今回の一連の発言は言論と報道の自由を封殺するもので断じて看過できない。だが、一つの光も見えた。