【東京】菅義偉官房長官は3日午前の閣議後会見で、4日の翁長雄志知事との会談について、「予断を持って話し合うのではなく、(議題を)事前に決めないで、負担軽減や振興などさまざまなことを話し合いたい」との考えを示した。

 名護市辺野古への新基地建設問題で県と対立している状況だが、「率直な意見交換ができる関係を構築したい」とも述べ、今後も定期的に話し合いの場を持つ考えも示した。