2017年(平成29年) 11月18日

沖縄タイムス+プラス ニュース

米空軍F35A、嘉手納基地に飛来へ 週内に2機

 【中部】沖縄防衛局は23日、最新鋭ステルス戦闘機F35A2機が米軍嘉手納基地に今週中に飛来すると嘉手納町や北谷町など地元自治体に伝えた。同型機の嘉手納への飛来は初めて。

嘉手納基地(資料写真)

(資料写真)嘉手納基地を離陸する最新鋭ステルス戦闘機F35B=6月26日

(資料写真)嘉手納基地に初飛来した最新鋭ステルス戦闘機F35B=26日

嘉手納基地(資料写真) (資料写真)嘉手納基地を離陸する最新鋭ステルス戦闘機F35B=6月26日 (資料写真)嘉手納基地に初飛来した最新鋭ステルス戦闘機F35B=26日

 11月初旬に12機ほど飛来する予定で、うち2機が先行して飛来するという。

 目的や期間、所属基地について、防衛局は取材に「米側に確認中」と回答した。第18航空団も将来の展開を理由に明言せず、「配備の命令が出たら、適切なルートで公式発表する」とした。

 沖縄市と嘉手納町、北谷町でつくる嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)は同日、緊急で会議を開き、同基地への飛来や展開に抗議する方針を確認した。外来機による騒音激化や事故の発生を懸念している。

 F35Aは空軍仕様。17年1月から米海兵隊がB型機を岩国基地(山口県)に配備している。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス