沖縄防衛局は2日夜、米軍キャンプ・シュワブの通称「第3ゲート」前に新たにフェンスを設置した。市民約20人が駆け付け、「まただまし討ちだ」「海上を見渡す大切な集会の場所を奪った」と抗議した。

 午後6時すぎから9時ごろまでの工事が終わった後、市民の一部が米兵に向け「ヤンキーゴーホーム」と叫ぶと、米兵とみられる声で「イエロー(黄色人種)ゴーホーム」との罵声が返り、一層抗議の声が高まった。

 フェンスは国道に面した部分だけで横約25メートル、高さ約2メートル。防衛局の担当者は夜間工事の理由について、「この時間が適当と考えた」と説明した。