沖縄弁護士会(阿波連光会長)は3日、国会で審議が進む安全保障関連法案に反対するため、那覇市の国際通りをデモ行進した。会員の弁護士や法律事務所職員、司法修習生ら約110人が参加。同会によると、弁護士会によるデモは1985年の国家秘密法反対デモ以来30年ぶり。

安保関連法案への反対を訴え、デモ行進する沖縄弁護士会の弁護士ら=3日午後6時すぎ、那覇市・国際通り

 デモに先立ち、同会憲法委員会の加藤裕委員長は「集団的自衛権の行使は憲法9条に違反する。法律家として、人権や平和を守る憲法を守るため声を上げなければならない」と訴えた。

 午後6時に県庁前の県民広場を出発した弁護士らは、「内閣は安保法制を撤回せよ」「私たちの民主主義を守ろう」と声を上げながら国際通りの蔡温橋交差点までを行進。新垣勉弁護士は「国が憲法を守って初めて、個人の権利が保障される。憲法をないがしろにする政府の動きは危険だ」と街頭に訴えた。