【東京】安倍晋三首相は3日の衆院平和安全法制特別委員会で、自民党若手国会議員らによる勉強会で出た報道機関への圧力発言や、沖縄県民をおとしめるような発言に対し、「大変残念で、沖縄の皆さまの気持ちを傷つけたとすれば、大変申し訳ないと思っている」と述べ、陳謝した。また「党本部で行われた勉強会であり、最終的には私に責任がある」とし、党総裁としての自らの責任を認めた。同問題で安倍首相が県民に対して謝罪するのは初めて。

衆院平和安全法制特別委で答弁する安倍首相=3日午前

 安倍首相は、一連の問題発言について「報道の自由を軽視し、沖縄の負担軽減や振興に力を尽くしてきたこれまでの党の努力を無にするような発言だと認識している」と説明。「大変遺憾で非常識な発言。国民の信頼を損ねる発言であり看過することはできない」と述べ、若手議員らの発言を非難した。長妻昭氏、枝野幸男氏(いずれも民主)、柿沢未途氏(維新)らへの答弁。

 また、米軍普天間飛行場の成り立ちについて、安倍首相は「戦前、役場や学校、郵便局、病院などが所在して集落が点在し、田畑が広がっていた」と説明。その上で「戦時中に米軍が上陸後に土地を接収し、飛行場が建設されたものと承知している」との認識を示した。同勉強会での作家の百田尚樹氏による「普天間飛行場は田んぼの中にあった」「基地の周りに行けば商売になると、基地の周りに住みだした」などの発言を首相自ら否定した。赤嶺政賢氏(共産)に答えた。

 一連の問題発言に対しては、2日に沖縄県議会(喜納昌春議長)が自民党総裁の安倍首相宛てに発言撤回と県民への謝罪を求める抗議決議案を可決していた。