【東京】中谷元・防衛相は3日の閣議後会見で、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ内の海岸で見つかった石を、県教育委員会が文化財の「碇石(いかりいし)」と認定し、市教育委員会が発見場所周辺での調査を求めていることに関し、「市教委から求めがあれば適切に対応したい」と述べ、調査に協力する姿勢を示した。

 一方、調査に伴う工事への影響については「適切に対応したい」と述べるにとどめ、明確に答えなかった。

 翁長雄志知事と菅義偉官房長官が4日に都内で会談することには「国と地方で話し合いの場を持ちトップ同士が協議をするのは非常にいいことだ」と歓迎した。