【糸満】沖縄県平和祈念財団は3日、「七夕まつり」を糸満市摩文仁の平和祈念公園案内所で開いた。園児125人が参加し、戦没者のみ霊に黙とうをささげ、願い事を記した短冊をササの葉に飾り付けた。

願いを込めた短冊を飾り付ける子どもたち=3日、糸満市摩文仁・県平和祈念公園案内所

 平田琉真君(4)=真壁保育所=は「戦争がない平和な世の中になりますように」と願いを込めた。兼元紗奈ちゃん(4)=同=は「みんなが幸せになりますように」と書いた短冊をササにつるしていた。

 祈念財団はこのほか、県平和祈念資料館など公園内6カ所にササの葉と短冊を置き、来園者に願い事を書いてもらう取り組みも始めた。8日まで。

 昨年は約1300の短冊が取り付けられ、公園内を彩った。