第48回衆院選は沖縄4選挙区で計12人が激戦を展開した。前回に続き米軍普天間飛行場返還問題が争点となり、名護市辺野古への新基地建設に反対する候補者が1区~3区で勝利した。