昨年の知事選、衆院選で名護市辺野古の新基地建設に反対する候補を全員当選させた保守・革新の枠組みを超えた「オール沖縄」の勢力が、来年1月予定の宜野湾市長選、7月予定の参院選沖縄選挙区に向けて始動した。