福建省人民政府外事弁公室の宋克寧主任らが2日、県庁に翁長雄志知事を訪ね、沖縄の経済特区と福建省で6月に創設された自由貿易試験区との連携を提案した。那覇市で年内に開催を計画している観光・文化発信イベント「福建WEEK」への協力、福建省でのイベントへの参加なども要請した。翁長知事は前向きな考えを伝えた。

交流を深めることを確認した宋克寧主任(左)と翁長雄志知事=2日、県庁

 宋主任は「経済特区と自由貿易試験区のお互いの優遇政策をうまく組み合わせれば、相乗効果が期待できる。かつてないチャンスだ」と連携の重要性を強調した。

 翁長知事は「福建省と沖縄には今日までの信頼関係がベースにある。力強く、一緒に進めていける」と回答。福建省への訪問については「万難を排して、直行便に乗って訪問できたらありがたい」と意欲を示した。

 宋主任らは同日、ロジスティクスセンターやANACargo、沖縄ハム総合食品などを視察した。