初回に1点ずつ取り合うと、互いに「0」を並べた普天間と前原の戦いは延長十三回裏、普天間に勝利が転がり込んだ。 先頭の新垣翔太の打球はぼてぼての三ゴロだったが、「再試合は頭になかった」と気迫の走りで内野安打。さらに、犠打で1死二塁の好機をつくった。