男子伊良波が団体2種目(形、組手)を制した。個人組手でも頂点に立ち、チームの総合優勝に貢献した當山竜生主将は「みんなで九州、全国に行こうと言って練習してきた。成果が出せた」と声を弾ませた。

男子団体組手決勝 上段蹴りで攻める伊良波の中堅・當山竜生=県立武道館(伊藤桃子撮影)

 午前中の形決勝には當山主将、宮平秀人、川村真太郎で臨んだ。剛柔流の形「シソウチン」を演武し、安岡に5-0で快勝。2年生の川村は「速くみせる部分を合わせるのが難しかった。2人に助けてもらった」と先輩に感謝した。

 午後の組手では川村に代わり、1年生で當山主将の弟の晃生が出場。大宮との決勝に先鋒(せんぽう)で登場するも、1-2の僅差で敗北した。だが、中堅戦で兄が上段突きでポイントを重ねて5-0で星を五分に戻すと、大将の宮平が冷静な試合運びで勝利を収め、栄冠を手にした。

 緊迫した大将戦で勝負強さをみせた宮平は「相手が出てきたところに、うまくカウンターが入った」とうれしそう。「この大会で少しは自信がついた」と喜びをかみしめた。(花城克俊)