【堀江剛史通信員】うちなーぐちの継承・保存をテーマにしたブラジル沖縄県人会主催の『第8回沖縄フォーラム』が5月17日、サンパウロ市の同本部であった。約230人が「方言ではなく一つの言語」「沖縄文化の精神が宿っている」などのパネリストの話に聞き入った。

スライドを使って説明する与儀哲雄さん=サンパウロ市

地域ごとに異なる表現を使い分ける上間さん

スライドを使って説明する与儀哲雄さん=サンパウロ市 地域ごとに異なる表現を使い分ける上間さん

 大城・保久原アパレシーダさんは「子供のころ、貧しい生活の中、父が粗末な三線を手作りして歌うのが安らぎの時間。家庭の会話は全てうちなーぐちだった」と語った。

 支部としては教室を初開設(2009年)したヴィラ・カロン支部で教える上原博さんは、「最初は教材不足に悩んだ。多くの人が聞けば理解するが話せない状態だった」などと話した。現在、初心者向けと中級者向けの2教室があるという。

 与儀哲雄さんは、ユネスコ(国連教育科学文化機関)が「琉球諸島でうちなーぐちを含む六つの“言語”が絶滅の危機にさらされている」と09年に発表したことを挙げ、「日本政府はただの方言として扱っているが、一つの言語。豊かな精神が込められている」と熱く論じた。

 沖縄の黄金言(こがねことば)として、「頭(ちぶる)ぬ動(んじゅ)きわる尾(じゅ)ん動(んじゅ)ちゅる」(頭が動いた時だけ尻尾も動く)などのリーダーの在り方を示す言葉を紹介し、会場では書き留める姿も見られた。

 ブラジル日本都道府県人会連合会の本橋幹久会長(鳥取)は、「故郷の文化や言葉を残そうというこの種のイベントを開催できるのは沖縄以外にない」と感想をしみじみ語っていた。

「うちなーぐちに  海外在住者関心」上間さん、沖縄へ思い

 【堀江剛史通信員】「この言葉には、うちなーの精神が宿っている。残念なことに沖縄の若者の関心は薄い。むしろわれわれのような海外在住者の方が強い思いを持っている-」。

 「沖縄フォーラム」でそう熱く語ったのは、上間エドゥアルドさん(31)=3世=だ。

 首都ブラジリアにある日本語普及協会直営のモデル校で日本語を習い、それに飽き足らずに沖縄県の名桜大学に留学した。「沖縄の歴史に興味があって言語学が大好き」。

 うちなーぐちに目覚め、父が米国人で沖縄に生まれ育った、うちなーぐち復活運動家の比嘉光龍(バイロン)さんから習い、宜野湾市で1年間教えるまでになったが、6年住んだ沖縄を離れ昨年帰国した。

 父は非日系人と結婚し、家庭内では全くうちなーぐちを聞くことはなかったが、「オジイの故郷今帰仁が一番好き。自分のルーツを心底感じた」と沖縄への思いを語った。