竹富町は本年度の一括交付金事業で、町内6島と石垣島などを結ぶ9航路の町民運賃を軽減し、町民は1日から船会社の設定運賃から5~6割引きで利用している。

竹富町の街並み=2014年

 県は2012年から一括交付金で離島住民の船賃軽減事業を実施してきたが、貨客船が対象で、竹富住民が主に利用している旅客船には適用されなかった。町は「旅客船もJR並みの運賃を」と国や県に要望。本年度から町事業の適用が認められた。

 対象は町に住所をおく住民と町出身の高校生や学生。期間は一括交付金が終わる21年度までを予定しているが、町は「軽減策を継続できるよう検討する」としている。本年度の事業予算は5740万円を計上した。

 川満栄長町長は「石垣島は通院や買い物などで利用する島民の生活圏内。船賃軽減は利便性の向上や定住促進につながる」と語った。

 対象路線は石垣島と竹富、小浜、黒島、西表大原、西表上原、鳩間、波照間を結ぶ7航路と、鳩間-上原、船浮-白浜の2航路の計9航路。