県議会(喜納昌春議長)は6月定例会の代表・一般質問を2日に終えた。野党の自民は、翁長雄志知事が訴える名護市辺野古の新基地建設阻止をめぐり、知事の姿勢や発言を追及。訪米の成果や、「県民自ら基地を差し出したことはない」という主張の事実関係をただした。