【恩納】第32回県知事旗争奪「万座ハーリーフェスティバル」が5日、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートで開かれ、出場59チームが熱戦を繰り広げた。航空自衛隊那覇基地の隊員でつくる「レキオウイング」が初優勝に輝いた。主催は同リゾート、共催は恩納村、特別協力は沖縄タイムス社。

力強いかいさばきで熱戦を繰り広げる参加者=5日午前、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

 真夏日の中、各チームとも息の合ったかいさばきで海面をかき分け、往復300メートルのコースに挑んだ。浜辺には多くの観覧客が訪れ、海上のサバニに声援を送った。

 ことしは例年あったチャンピオンレースとチャレンジレースを統合。予選レース15組(1組4チーム)のうち上位タイム4チームが決勝レースで争った。

 レキオウイングは予選を2分2秒85で1位通過。決勝では折り返し後に他チームを振り切り、1分59秒15でゴールした。リーダーの横田貴さん35=那覇市=は「週3日、仕事終わりに海に出て練習してきた。初めての決勝進出で優勝できて驚いている。練習の成果が出た」と喜んだ。

 2位は沖電ハーリークラブ(2分7秒19)、3位は辺野古青年会(2分10秒03)だった。