嘉手納が初戦の首里・中真慶大に続き、2回戦は浦添商業の天久太翔と左の好投手を攻略した。初回、コントロールの定まらない天久を攻め、1番古謝脩也と3番大石哲汰の2本の二塁打で先制した。いずれも甘く入った変化球を捉えた。 「右打者の外へ逃げていく直球を見極め、甘い球を狙った」と大石。