八回まで0点に封じられていた知念打線が、最後につながった。1点を追う九回裏、先頭の與那嶺盛矢が右中間三塁打でチャンスをつくると、1死から7番赤嶺里樹が直球をバットの根っこに当てながら「気持ちで持って行った」と左前へ運び、同点に追い付いた。