【東】東村有銘で飲食店「森のふくろう」を営む比嘉時子さん、幸徳さん夫妻の店の裏庭でシマヒギリが見事に咲き、食事に来た人たちを目でも楽しませている。

笑顔を見せる比嘉時子さん(右)と名護市からの見学者=6月26日、東村有銘「森のふくろう」

 夫妻は10年前、店のオープンと同時に裏庭のガーデニングを始めた。シマヒギリの他にも、リュウキュウエビネやグズマニアが咲いている。中南部から見に来る人もいるという。時子さんは「毎年6月の梅雨終わりに咲き始める。花が枯れた部分を切るとまた別の部分から花が咲き、10月まで楽しめる。暑い中よく咲いてくれた」と笑顔で話した。(島袋裕也通信員)