【宜野湾】宜野湾市は国の緊急経済対策による「プレミアム付き商品券」を9月に発行することにし、商品券が利用できる市内店舗の登録受け付けを15日から始めた。市内登録店舗でのみ使える千円券12枚つづりの商品券を1万円で販売。プレミアム分は2千円で、5万冊の発行を予定する。

「プレミアム付き商品券」利用可能な店舗に登録を呼び掛ける宜野湾市の担当者=12日、宜野湾市役所

 12枚のうち2枚は売り場面積1千平方メートル以下の中小小売店などでのみ使える専用券、そのほかは大規模店でも使える共通券となる。利用できるのは9月1日から12月31日まで。1回当たり30万円を限度に、商品購入のほか飲食やサービスなどにも利用できる。ただし換金やたばこ、処方薬、土地家屋の購入などはできない。

 7月下旬ごろ市内全世帯に購入希望調査を郵送する形で市民向け優先販売をする。希望が5万冊未満の場合は市外在住者も含めた一般販売も予定。ただ利用できるのは市内の登録業者のみだ。

 利用できる店舗の登録は無料で、商品券を換金する際の手数料なども無料。市では市内約4千事業所中1500程度の登録を見込んでいる。

 市では「こうした商品券発行はほぼ未経験のため発行時期が遅くなったが、多くの市民に魅力を感じてもらえる内容だと思う」として、まずは幅広い店舗登録を呼び掛けている。問い合わせは市産業政策課、電話098(893)4411、内線445。