全日本空輸(ANA、東京都、平子裕志社長)と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB、平良朝敬会長)は26日、写真映えするスポットや飲食店を紹介する特設サイト「7日で7つの沖縄島めぐり」を開設した。

特設サイト「7日で7つの沖縄島めぐり」のトップページ

 インターネット上で人気を得ている写真家やライター計3人が、宮古島、石垣島、竹富島、波照間島、阿嘉島、座間味島、本島の魅力を切り取った。消費者庁の2016年度消費生活に関する意識調査では、「写真や動画をSNSに投稿するために取った行動」の第1位に「旅行」が選ばれたといい、1年を通じて写真映えする沖縄を広く発信する狙いがある。

 竹富島のページでは「♯牛車 マイペースに立ち止まる牛の姿に沖縄タイムを見た」、「♯重要伝統的建造物群保存地区 まるで迷路のようなつくりになっているのは『魔が入ってこないように』だそう」などのコメントにそれぞれ写真が添えられている。

 特設サイトでは12月15日まで、旅行商品や航空券、お土産品などが抽選で当たるキャンペーンを実施している。