【東京】自民党沖縄県連の島尻安伊子会長と具志孝助幹事長は7日、自民党本部で谷垣禎一幹事長と会談し、自民議員らによる報道圧力問題に「沖縄に大変な誤解を与える発言だ」と抗議した。谷垣氏は「県民に大変迷惑を掛けた。申し訳ない」と謝罪した。

自民党沖縄県連の具志孝助幹事長

 島尻、具志の両氏は自民党の若手勉強会で作家の百田尚樹氏による米軍普天間飛行場の成り立ちに関する事実誤認の発言について「間違った認識の下での発言だ」と批判。「党として厳しく受け止めてほしい」と述べ、同じような発言を繰り返すことがないよう申し入れた。

 会談後、取材に応じた具志氏は一連の発言に、「非公式な場だが、県民に大変な誤解を招くものだ。同じような発言はあってはならない」と非難した。