沖縄県議会与党が提案した県外土砂規制条例案は7日の特別委員会で可決された。条例は「外来種防止対策」を前面に出すが、名護市辺野古の新基地建設の阻止を目指す県政の後ろ盾となることが大きな狙い。