【南城】第14回尚巴志ハーフマラソンin南城市大会の安全祈願と記者発表が8日、同市の佐敷上グスクで開かれ、古謝景春大会実行委員会会長(市長)が11月1日開催を発表した。また、ランナーの安全面に配慮し、①ハーフ(21・476キロ)のスタート地点は佐敷小学校前②新里坂を上った後は沖縄のみち自転車道ではなく、県道137号を親慶原方面に走る―のコース変更も報告された。

尚巴志ハーフマラソンの11月1日開催と、コース変更を発表する実行委員会会長の古謝景春南城市長(中央)ら=8日、南城市佐敷上グスク

 募集は13日から。主催は同実行委員会と南城市、共催は沖縄タイムス社と琉球放送。