那覇市議会(金城徹議長)は、8日の6月定例会最終本会議で、自民党議員らによる報道圧力問題について、発言の撤回と謝罪を求める抗議決議案を全会一致で可決した。

 また、安保関連法案の廃案を求める意見書案も賛成多数(賛成22、反対12)で可決した。ひやみかち那覇・無所属の会は退場した。

 報道圧力問題への決議案では、一連の発言について、「民主主義社会では断じて許されるものでない」と批判。また「米軍基地の成り立ちに対する事実誤認についても県民を愚弄するもの」としている。

 安保関連法案の廃案を求める意見書案では「憲法9条を守り、平和国家としてのあり方を根底から覆す」と指摘している。