【宮古島】陸上自衛隊の宮古島市への配備計画を巡り、宮古島市議会(真栄城徳彦議長)は8日、早期配備を求める市民団体の陳情に「行政は防衛省に対して自衛隊配備の内容について説明を求めるべきだ」との付帯意見を添え、賛成多数で採択した。一方、配備に反対する団体の陳情は賛成少数で不採択とした。

 議決後、下地市長は会見を開き、「議会の意思は尊重する」と述べた。受け入れの可否については、地権者の動向や関係法例に照らし判断するとした。