大型で強い台風9号は8日午後9時現在、沖縄本島から710キロメートル離れた沖ノ鳥島近海にあり、勢力を強めながら時速20キロで西北西に進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル。沖縄気象台によると、沖縄地方に接近する9日には935ヘクトパスカルまで気圧を下げ、非常に強い勢力になる。多いところで1時間に50ミリの雨が降る恐れもあるとして、注意を呼び掛けている。

台風9号・11号(8日21時現在)

台風9号の予想接近時間

台風9号・11号(8日21時現在) 台風9号の予想接近時間

 暴風域に入るのは、宮古島地方は9日夕方、沖縄本島地方と久米島は9日夜始めごろ、石垣島地方は9日夜遅く、与那国島地方は10日未明から明け方の見込み。最接近は本島地方は9日夜遅く、久米島地方と宮古島地方は10日の未明から明け方、石垣島地方と与那国島地方は10日朝から昼前になる見込み。

 航空路線や船便は欠航が相次ぎ、各地でイベントの中止も発表されている。

 一方台風10号は南シナ海を北北西にゆっくり進んでいる。中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル。今後北上して熱帯低気圧に変わる。

 非常に強い台風11号はマリアナ諸島付近にあり、時速20キロで北西に進んでいる。中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル。今後、勢力を強めながら小笠原近海に近づく。10号、11号ともに沖縄地方への影響はないと見られる。