沖縄県は9日午前9時、台風9号の接近に伴い災害警戒本部(本部長・町田優知事公室長)を設置した。14の関係部局を集めて本会議を開き、台風の進路状況と今後の対策について確認した。今後の被害状況に応じて、警戒本部会議の開催や対策本部へ格上げも検討する。

今後の台風の進路に応じた対策を確認する各部局の代表者ら=9日、県庁

 池田竹州基地防災統括官は「台風の接近が夜間になる。各部局、台風の動向に注視し緊張感をもって対応してほしい」と注意を促した。

 県は4月から各市町村の被害状況を確認できる防災情報ポータルサイト「ハイサイ!防災で~びる」を開設しており、サイトでの災害情報の確認も呼び掛けている。