【東京】浦崎唯昭副知事と沖縄県内農漁業関係団体の代表者らが9日、農林水産省に皆川芳嗣事務次官を訪ね、日中漁業協定の見直しと中国サンゴ網漁船の取り締まり強化、大詰めを迎えている環太平洋連携協定(TPP)交渉での重要品目の関税維持を求める要請書を手渡した。

皆川芳嗣農水事務次官(右)に要請書を手渡す浦崎唯昭副知事=9日、農林水産省

 日中漁業協定に関しては、北緯27度以南の水域での中国漁船の操業を規制できるような見直しと、中国サンゴ網漁船をはじめ違法操業する外国漁船に対する取り締まりの徹底などを求めた。

 TPPでは、県の重要品目の砂糖、牛・豚肉、パイナップルなどの関税維持と、同交渉に関する情報の開示徹底などを求めた。

 浦崎副知事は要請後、「事務次官からは非常に理解のある心強い回答を頂いた」と話した。

 要請には、県漁業協同組合連合会の上原亀一会長や県農業協同組合中央会の新崎弘光会長らも同行した。

 このほか、外務省や国土交通省、内閣府にも要請した。