大型で非常に強い台風9号の接近で、沖縄県内では10日午前5時現在、約4万2200戸が停電している。沖縄電力によると、本島北部が宜野座村の約1100戸を中心に約4000戸が停電。中部はうるま市の約7300戸など約2万1600戸に影響が出ている。南部は南城市の約4700戸など約1万4300戸、久米島・慶良間地方は久米島町で約1900戸など約2200戸が停電している。

 沖縄電力は風雨が収まりしだい、本格的な屋外での復旧作業を始めるとしている。【沖縄タイムス+プラス編集部】