大型で非常に強い台風9号は10日午前5時現在、宮古島の北東約110キロにあって、沖縄本島・久米島・宮古島地方を暴風域に巻き込みながら時速約25キロで北西へ進んでいる。沖縄気象台は引き続き暴風や高波、高潮に厳重に警戒するよう呼び掛けている。県教育庁によると、暴風警報が発表されている地方の公立幼小中学校、県立高校及び特別支援学校は臨時休業となる。本島の路線バスと沖縄都市モノレールは始発から運休している。

台風9号の衛星写真=10日午前6時、気象庁ホームページから

台風9号の予想経路図=10日午後5時、気象庁ホームページから

台風9号の衛星写真=10日午前6時、気象庁ホームページから 台風9号の予想経路図=10日午後5時、気象庁ホームページから

 沖縄気象台によると、暴風は本島北部が昼前(午前9時~正午)まで、中南部が昼過ぎ(正午~3時)、久米島と石垣が夕方(午後3~6時)、宮古島地方が夜の始めごろ(午後6~9時)まで続く見込み。

 台風9号の中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで、中心の北東側260キロ以内と南西側190キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 南城市糸数で10日午前1時5分に49.9メートル、うるま市宮城島で同1時29分に43.2メートルの最大瞬間風速を観測した。