台風9号の影響で、主要航空各社は10日午前、遅延や欠航、臨時便などの情報を更新した。

 全日空(ANA)は、那覇―成田など那覇発4便、宮古―那覇など那覇着3便の欠航を新たに追加。那覇発着便の欠航は計21便となった。

 日本航空(JAL)は現時点で欠航便はないが、東京発沖縄着の3便、沖縄発東京着の4便がそれぞれ遅延する、と発表した。

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は計23便(うち沖縄県内路線は14便)の欠航を決めている。

 計29便が欠航する琉球エアーコミューター(RAC)は、那覇発宮古着の臨時便(午後2時15分発)の運航を発表した。