【名護】名護市商工会女性部は来年の創立40周年記念事業に向けた資金造成として、オリジナルかりゆしウエアを販売する。3色あり、女性用(七分袖)が1万6,200円、男性用(半袖)が1万4,040円。

名護市商工会女性部オリジナルかりゆしウエアを披露する金城末子部長(中央)ら=商工会

 服飾デザイナー山内光子さんが、名護らしく桜やナゴランをあしらった紅型風のデザインを手掛けた。

 金城末子部長は「形崩れもせず、洗濯しても乾きが早い。忙しい方にぴったり」とアピールした。

 25、26の両日に名護漁港で開かれる名護夏まつりの会場で販売開始。その後は商工会で扱う。