名護市辺野古の新基地建設で、埋め立て承認を検証する「第三者委員会」が、「法的瑕疵(かし)あり」と結論付ける方向で調整に入った。承認までの過程で公有水面埋立法で定めた「事業合理性」「環境保全措置」「他計画との整合性」などの要件を満たしているか、がポイントとなる。