初球だった。一回裏2死一、二塁、宮古の5番下地秀一郎が低めの変化球をすくい上げると、左越えの3点本塁打。秋季大会覇者の中部商の出ばなをくじくには、十分な一発だった。 相手エース・前田敬太の立ち上がりを狙った。瀬名波幹智監督の指示もあり、カーブに的を絞った。「表を守って、裏で先制するのがチームの形。