「沖縄県立博物館・美術館」(田名真之館長)が那覇新都心に開館して、11月1日で10周年を迎えました。沖縄戦で焼失した首里城の残欠文化財を拾い集めることから再出発した沖縄の博物館。時を経て2007年、かつて米軍居住地だった新都心エリアに、知と美が融合する総合博物館「沖縄県立博物館・美術館」は誕生しました。県民の宝を守り、情報を発信し続ける〝現代のグスク〟に、沖縄民謡会最後の大物で新星、護得久栄昇(護得久流民謡研究会会長、FECオフィス所属)が潜入! 博物館が何倍も楽しくなる「チャメ!」な情報を、護得久流にチンダミ致します。さあ、田名館長に案内して頂きましょう。
(企画・制作 沖縄タイムス社営業局)

田名真之館長と護得久栄昇=沖縄県立博物館・美術館
 

沖縄戦をくぐった万国津梁の鐘の音はチンダミされてるね

田名館長 初めまして、館長の田名です。

護得久 私の事は分かるよね。

田名館長 昨日、急いでインターネットで調べました。

護得久 私もこの世界で40年やっているけれども、博物館の歴史はもっと古いんだね。

田名館長 先の沖縄戦で博物館も首里城も焼失しました。焼け残った文化財の収集から始まり、この71年間で集めた資料は9万4千件にも上ります。沖縄の自然・考古・美術工芸・歴史・民俗文化・人類学を物語る上ですべて貴重な資料ばかりです。

護得久 アッチャメ! 先人達は命がけで、沖縄の宝を守ろうと頑張ったんだね。チャメ!

いざ博物館の常設展へ

田名館長 チャメとは何です?

護得久 「護得くとぅば」で言えば感嘆詞みたいなものだね。

田名館長 まずは常設展へ。首里城にあった国指定文化財「万国津梁の鐘」を紹介します。戦争で焼けて表面が黒く変色して、所々に弾の痕もあるでしょう?

護得久 鐘も戦災に遭ったんだね。流れているこの音は?

田名館長 昨年、文化庁から特別な許可をもらい3回だけ叩いて、収録した音を30分おきに館内に流しているんですよ。

護得久 約550年前の音色、チンダミされてるね~。ところで護得久の頼みとあらば、文化庁も叩かせてくれるんじゃないかね?

田名館長 それはダメです。

古い鐘がたくさんあるね
 

唐船ドーイを踊るほど、中国出張は稼げるチャンスだった!

田名館長 琉球王国の繁栄ぶりを象徴するのが進貢貿易です。当時の中国行きの辞令書がちゃんと残っているんですよ。

護得久 「唐船ドーイ」は唐船を歌ったものじゃないってね。

田名館長 唐から無事に帰還した琉球船を祝った歌です。当時、旅役の役人にとって、貿易船に乗るのは収入アップのチャンスでした。薩摩経由で手に入れた昆布は中国人の大好物でしたから、それらを売って収入を得ました。でも旅は危険ですから、帰還の時はお祝いでした。

護得久 命がけで一生分のボーナスを稼いでいたんだね。私も弟子には一人5枚はCDを買わせて、好きな値段で売りなさいと言っているよ。

田名館長 王府の役人たちのファッションを見てみましょう。按司クラスだと冠(はちまち)は最高級の五色の浮織冠(うきおりかん)を被っているでしょう? 若手は黄色や赤の冠。年長者や上級役人以外は、ひげも長く伸ばしてはいけなかったんですよ。

護得久 一目で、たーがしーじゃか(誰が年長者か)分かるのは大事だよ。護得久流の弟子はTシャツとジーンズで、着物を着ているのは私だけだから、誰が偉いか分かるよね。

格好で、たーがしーじゃか分かるよね
 

いいものは取り込む!パクリじゃないよ!これぞ護得久流だよ

田名館長 14世紀に中国から琉球に伝わったとされる三線にも、王に献上された「ケージョー三線」と呼ばれる名器があるのをご存じですか?

護得久 もちろん、分かるよ。護得久流も世界支部に35万人は弟子がいるからね。ジョーシキだよ。

田名館長 胴にニシキヘビの皮が使われていますが東南アジアとの交易は記録がなく、いつ、どんなルートで持ち込まれたのか未だ謎なんです。さらに中国ではメジャーじゃなかった三線を琉球の人たちはとても愛して、独自に進化させたんです。

護得久 三線一つとっても今ある文化は琉球のしーじゃぬたー(先輩方)が海を往き来していた証ということだね。いいものはどんどん取り込む、パクリじゃないよ、護得久流では沖縄に著作権はないからね。

田名館長 と言う訳で、10周年を迎えた県立博物館・美術館のテーマは「海」です。琉球人にとって海は世界につながる道であり、さまざまな国との関係の中で歴史文化を営んできました。一方、島の自然は海に閉ざされていたから多様な固有種が育まれてきたんですね。博物館、美術館それぞれで海にちなんだ展覧会を開催します。

護得久 まずは県民に見てほしいね。あんたがた、見に来ないとチンダミするよ、私のCDも一人5枚は買いなさいよ、チャメ!チャメ!アッチャメ!

3日は常設展・美術館コレクション展は無料だよ、行きなさい!
 

「護得久栄昇in沖縄県立博物館・美術館」はこちらから動画でもご覧になれます。