九回表に2点差を追いつかれ、3-3で迎えた裏の攻撃。この回点が入らなければ日没再試合が濃厚だった土壇場で、具志川商業が下位打線の連打で4-3と宜野座にサヨナラ勝ちした。 6番宮城進之介が1死から足がかりをつくった。先発を任されながら右肘痛で初回降板したエースは「チームに迷惑を掛けてばかり。