【東京】東京弁護士会の若手弁護士ら約200人が11日、東京・新宿で名護市辺野古への新基地建設反対をアピールする街頭キャンペーン「ノーモア・ベース・フェス」を開いた。多くの人でにぎわう新宿駅の周囲約2・5キロを「新基地建設絶対反対」「沖縄の声を無視するな」とシュプレヒコールを上げ練り歩いた。

辺野古への新基地建設反対を訴え都心を練り歩く参加者ら=11日、東京・新宿

 関東地区を中心に、若手弁護士らが参加。主催者の一人で東京弁護士会の竹村和也弁護士は「沖縄の声を無視してはいけない、との思いで集まった。これ以上基地を押し付けるのはやめよう」と呼び掛けた。

 宜野湾市で生まれ育ち、東京で弁護士を務める仲里歌織さんは「政府が今すべきことは基地はいらないという沖縄の声を持って米側と交渉すること」と訴えた。