沖縄県の翁長雄志知事は31日、県庁で記者会見し、2019年秋に皇太子ご夫妻を招き、糸満と宜野湾の両市で「第43回全国育樹祭」を開催することを発表した。県内開催は初めてで、全国から約4千人が参加する。翁長知事は「準備を着実に進め、継続して森を育てる大切さや、花と緑であふれる沖縄県の魅力を全国に発信したい」と意気込んだ。

2019年秋の第43回全国育樹祭成功に向け、意欲を示す翁長雄志知事(右)=31日、沖縄県庁

 1993年の植樹祭で天皇、皇后両陛下が植えたリュウキュウマツやフクギに皇太子ご夫妻が剪定(せんてい)などをする「お手入れ式」は糸満市の平和創造の森公園で、式典会場は宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで執り行う。18年夏には本島北部や西表島の世界自然遺産登録も見込まれ、翁長知事は「時宜を得ており、開催に向けて機運を盛り上げる」と語った。

 県と共に育樹祭を主催する国土緑化推進機構の前田直登副理事長も「成功に向け全力で取り組む」と話した。開催に向け県は既に準備協議会(会長・富川盛武副知事)を発足。本年度に基本計画、18年度に実施計画を策定する予定。