沖縄尚学が、今大会2回目となる逆転サヨナラ勝ちで普天間を退けた。 三回、失策も絡んで3点を先制された。四~六回に犠飛、長打、単打の散発3安打で3点を挙げて追い付いたが、打線が全くつながらない展開が続いた。 3-3の九回裏1死無塁、2番知念大河が左前打で出塁すると、3番松元孝平も左前打で続いた。