立ち上がり、興南の左腕エース比屋根雅也は制球に苦しんだ。カウントを悪くし、置きにいくと痛打された。それでも粘投で点を与えず、反撃を待った。 迎えた六回、打線は連続安打で1死二、三塁の好機をつくった。ここで突然の雨が降り、試合が約1時間中断。